サクッと動画制作依頼!お得なのは個人か法人かどっち?

動画制作を依頼するなら個人・法人どっちがお得?

キャラクターが動くんだ

私たちは、ネットやテレビ、そしてお店、自動販売機、医療機関、交通機関等で絶えず動画を観ています。 動く壁紙のように慣れて、驚きもなくなりつつ。 消費者に向けて影響力絶大なので、ますます拡大するでしょう。 費用も十数年前と比較すると半額以下で端末等が設営できるので、加速する一方です。

動画制作の流れとポイント

一発屋と言われようと芸能界で泳ぎ続けるお笑い芸人がいる。
ネット投稿した1分ぐらいの短い動画が、世界的人気の若手歌手SNSで気に入っているコメントから一躍引っ張りだこ。
今ではすっかりワールドワイドな時の人となった。
全世界のニュースでクールなコメディアンとして紹介され、キャスターすら破顔一笑で興味深い。
きっかけとインターネット社会とは、おそろしく運命的なもの。
動画は、複数の固定カメラで撮影してたった一人で編集企画したそうだ。
元々機材の扱いが優れた人でなければ有り得ないし、才能もあっただろう。
大多数の本当にふつうの人は、プロの手を借りるに限る。
プロはたくさんいるが、個人でフリーランスとして活躍するカメラマンと法人に属するカメラマンがいる。
昔ながらの写真屋さんで写真を撮って現像する技能士以外では、カメラマンとしての資格は見当たらないが、その分経験や実績に左右され、評価を得る業態であれば、世間から認められるためには厳しい部分が多い。
新聞社やマスコミ他に所属する報道カメラマンと商業カメラマンがいる。
サラリーマンは規制も多いが、所得等安定していて処遇もいい。
フリーランスの報道関係は、生活に困窮する人も多い。
通常、私たちが依頼するのは商業カメラマンで、ネットで検索して選ぶ事ができる。
ネットは手軽でも、面識も目立った作品もない中からあなたの感性で選ぶので、いっぱい存在しすぎて悩む事が多い。
個人か法人かどっちか、お得な選び方をまとめてみましょう。

間が抜けている事

商業カメラマンの誰もが有名になれるわけもなく、才能と運に恵まれた一部のみです。 あなたが顧客として選んで、カメラマンの才能とセンスを時間で切り取ってお金を払って借りてくる作業でもあるので難しい。 過去の作品や意図、経験などの情報をよく調べると安心できます。

心の裏側を意識する

あなたが最終的にその動画を通して何をしようとしているのか、再度思い出して下さい。 何でもいいから映像に残そうと思っているだけですか。 動画を通してつかもうとするものを見出せると、もっと面白いものに。 プロにあなたの意向が伝わるポイントをまとめてみます。

TOPへ戻る