サクッと動画制作依頼!お得なのは個人か法人かどっち?

動画制作を依頼するなら個人・法人どっちがお得?

キャラクターが動くんだ

現状から

一昔前まで機材が高額で、法人でないと良い機材を多数保持していませんでした。高額な機材と専属カメラマンを武器にして全国進出し、映像部門を特化した形での商売が成り立つところもありました。
その後、高性能の機材が一般化し、初期投資も抑えることが可能になって編集作業や立案企画が容易になり、フリーランスの活躍も拡大傾向です。
水中撮影からヘリコプターに乗り込んでの空中撮影、ダンスのパフォーマンスからスポーツ選手やボールを追いかけ、年中暑さ寒さもいとわず、重い機材を担ぐ体力も必要です。
ポジティヴな感性が人を惹きつけ、魅力のある動画制作の一部です。
ファインダーを通して可視化するので、母体となるカメラマンの精神力が有効です。

良し悪しを決定

テレビ映像が一般的な時代、民放それぞれ得意とする分野の番組があり、バラエティー番組の編集のせいでネタの面白さが半減したと嘆くお笑い芸人がいて、印象的でした。
舞台を客席から見ていれば全体の動作がよくわかりますが、テレビ画面の中では制限されるので、動くものと一緒にカメラがついていくと、完成した時に静止画のように見えて、面白くならなかったとか。
面白いネタの内容表現が、どうした事か、カメラマンや編集者にうまく伝わらなかった結果でしょう。
動画企画と構成。
シナリオ作成からスケジュール管理でのキャスティングやスタッフ編成とロケーション決定。
予算修正して、撮影。
その後の編集や録音で完成。
しっかり意思疎通してこそ、完成度も上がる!


この記事をシェアする
TOPへ戻る