サクッと動画制作依頼!お得なのは個人か法人かどっち?

動画制作を依頼するなら個人・法人どっちがお得?

間が抜けている事

結婚式の動画制作依頼

はったりでも成功させたい。
人生をバラ色で埋め尽くしたい時。
美しいものはさらに、美しくなくてもそれなりに、が人情というもの。
そこはプロのカメラワークで何とかしていただきたい。
微妙だったり、言いにくくても一番のメインイベントでもあるので、はっきり要望すべきです。
花嫁花婿が大っぴらに食べたり大酒飲みで失笑を買うのは今回ばかりはご法度です。
流れる目線を隠し撮りもやめてほしいところです。
コンプライアンス違反の動画は決して作らないカメラマンに依頼するしかありません。
打ち合せも手を抜けませんね。
低コストでオリジナリティーを強調するのであれば、個人が楽です。
補償など、公共性を重視するのであれば、法人が安心ですが、値段は数十万円からになります。
結婚式場では専属カメラマン以外は認めないところもあるので事前チェックが必要です。

演奏会、イベント他の動画制作依頼

演奏やイベントの種類によって、専門の動画制作法人がベストです。
会場の広さや音響まで考えると、機材やカメラマンの数が多く必要になってきます。
特にクラッシック関係のオーケストラや合唱団、ブラスバンド等は音域が幅広く、繊細な対応ができるか確認するべきです。
素養がある編集者が好ましいので、こだわりを理解でき、さらに動画をプロ仕様に仕上げてもらえることが第一条件です。
セミプロ意識をこっそり叶えて、美しい仕様に仕立て上げる事が出来ていれば、アーティスト気分です。
かなりいいところいってんじゃないのって自己満足が鍵です。
イベントも盛り上がっている様子を臨場感をもって体感できる動画に仕上がっていると、抜群にいい気分ですよね。
たとえ費用が高額になっても後悔しないくらい。
実益につなげる演奏家の卵もイベント主催者も、結果を出してもらえれば、効果満点です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る