サクッと動画制作依頼!お得なのは個人か法人かどっち?

動画制作を依頼するなら個人・法人どっちがお得?

心の裏側を意識する

プロと感性を共有してチャレンジしよう

ロケーションや手法はプロに任せざるを得ません。
光があたるように抜群のセンスで攻めてほしいですね。
完成したDVD一枚の価格もプロのアーティストDVD並みに高額なのはつらいけど、注文枚数の問題で仕方ありません。
夢実現のお値段と考えれば安いものです。
冒頭のネット動画投稿作品でも、1台カメラを減らしてしまったら、作品として楽しくも面白くもなかったかもしれないので、コメディアンとして有名になりたい執念と努力の賜物だと思います。
女性はカメラワークで自分以外の背景をぼかして飛ばした映像が、女優気分で好きです。
自分本位にうるさいのは女性の方かもしれません。
トリセツをしっかりカメラマンに渡してしまいましょうね。
一世一代イベントでは、褒められる事を意識したストーリーをわかりやすく表現することが、すべらないネタにするコツです。

付加価値をつける

個人であれば、予算や要望のわがままも多少は聞き入れてもらえる可能性があります。
固定のイベント内容であれば、独自の構成が好まれることもあります。
規模には限界があっても、独創性はバッチリ。
法人であれば、プリプロが確立していて効率的。
多岐の対応が可能でも、高コストで標準価格を下回ることはない。
お得というのが費用が安い事であるのでしたら、トータルに考えなくてはいけなくなります。
満足を求めるのでしたら、夢を広げるために、画像や音響でプロの腕を生かしてもらえるよう、よく相談しましょう。
仕切りのウマい、約束通り仕事をするカメラマンを見極める事は、慣れないと難しいので、普段から業者であっても人選できる目利きのある人をイベント企画メンバーにいれるとか、交友関係から紹介を受けるなど、コネを使ってみるのもいい案です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る